adajio

いちがつのこと/201701

DSCF0706_convert_20170417130309.jpg

まさかこの季節にこんな写真をアップするなんて・・・!

前回書いたとおり、
年明け以降の記録を遡ってポツポツと。

そんなに沢山撮っていたわけではないので
さらっと残しておこうとおもう。

お正月のおせち。夫の実家にて。

ここ数年は年末に自分の実家、
年明けは夫の実家で、と決めている。

義母のおせちがとにかくおいしいからだ。
(母ひとみちゃん、スマン・・・。)

わたしは昔からおせち好きではなかったし、
我が実家は3日ぐらいだらだらとおせちを食べていたので、

2日目にはカレーが食べたい!と思っていたし、
実際におせちに耐えられず、友達とカレーを
食べに行ってしまった年もあった。
しかもここ10年くらい母はすっかりおせちを作らなくなった。
それも無理はないとおもう。

しかし夫の実家は決まって手作りで、
しかもとてもシンプル、でも必要なものは
ちゃんと揃っていて、
かつおいしい。

写真は一部だけになってしまっているけれど
ぜんぶ見た目もちゃんと美しいのだ。

いつかわたしも自分でおせちを作るようになるんだろうか。
そのときのことを考えてそろそろ義母のおせち作りを
手伝って勉強させてもらわなければなぁと思った今年のお正月。

DSCF0725_convert_20170417130524.jpg

初詣も夫の実家のある和歌山で行くのが恒例。

夏の帰省時に狙っていたけれど、
乗ることできなかった梅干電車に

今回ようやく乗ることができた。

DSCF0723_convert_20170417130122.jpg

窓のうめマーク。

帰省のたびに、
おもちゃ電車、タマ電車、いちご電車、絵手紙電車・・・
と何かと乗っているのだけれど、

内装的にはこの梅干電車が
和柄でいちばん好みだと思った。

DSCF0779_convert_20170417130457.jpg

凧揚げもお正月に和歌山でやるのが恒例。

DSCF0806_convert_20170417130633.jpg

今年はちゃんと1月7日に
セガレと七草粥づくり。

七草セットの中身がちゃんと揃っているか
確認するセガレ。

DSCF0811_convert_20170417223513.jpg

刻むセガレ。

DSCF0809_convert_20170417223732.jpg

煮込むセガレ。

・・・てかほとんどやってもらってるやーん。

来年も作ってくれるといいな。





本当に本当に、
一年元気に過ごせますように。

DSCF0841_convert_20170417130728.jpg

1月からJRでやっていたドラゴンボールのスタンプラリー。
電車好きではないけれど、
この時ばかりはセガレも沢山電車に乗った。

最初は65駅コンプリートの意気込みだったけれど、
親子ともに耐え切れず、

30個をやっとのことで集めて
カードとピンバッチを一つ×2もらったのだった。

DSCF0852_convert_20170417130809.jpg

スタンプラリーの日にせっかくなので
上野で下車。

なにげにはじめてのアメ横。

DSCF0871_convert_20170417130904.jpg

カットフルーツが売られていてアジアの屋台みたい。
夏だったら買ってただろうなー。


DSCF0854_convert_20170417223016.jpg

お昼ごはんは中国人のカップルと相席で屋台飯。

DSCF0872_convert_20170417130935.jpg

この揚げパンがまた美味いんよね~。
台湾思い出す。


いろんな匂いがして、
いろんな国旗が見え隠れして、
いろんな国の言葉が聞こえてきて、

スタンプラリーの途中だったので、
あまりゆっくりはできなかったけれど、

また改めて来たいなーと思ったアメ横だった。

DSCF0924_convert_20170417131359.jpg

1月末にセガレの幼稚園の発表会があり、
それを見るために来てくれていた母を東京駅まで
見送りにいったついでにドラゴンボールのパブリックアートを拝見。

DSCF0901_convert_20170417131251.jpg

ここでカメハメハーのポーズで写真が
普通はお決まりだけれど、

セガレは普通に階段にのぼっていったのだった。





あっという間に一年のじゅうにぶんのいちが
過ぎ去った1月。












にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村









  1. 2017/04/24(月) 22:00:27|
  2. 日記
  3. | コメント:0
次のページ