2016/07/27

ベストキャンプ

7月の3連休、前回の反省をいかして、
1ヶ月前からキャンプ場を予約していたのだけれど、
天気予報は最悪で、キャンセル料のことなどを考えて
結局2日前にキャンセルの連絡をした。

実際には、日にち変更であれば
キャンセル料は要らないとのことだったので、
ならば、と秋に延期することにした。

DSCF8704_convert_20160719210138.jpg

セガレがつくったてるてる坊主。
効果あってか、、、

連休の前日になって天気予報が変わり始めた。
そして当日になってみると、
朝から爽やかな天気で、
天気予報を見ると3日間の雨マークは
なくなっていた。

『日にち変更ならキャンセル料要らんって言われたんやったら
直前まで様子(天気予報)みたら良かったんちゃうんー。』と
夫からやんわり責められ、(まぁおっしゃる通りやけど。)

セガレも『えー!キャンプ行きたかったのにー!』と言われ、
日にち変更したことをとても後悔したわたしは
9時になった瞬間もう一度キャンプ場に電話をして、

日にち変更を取り消しできないか聞いてみるも、
もうすでに予約がいっぱいになっていると
言われてしまった。

やばい〜と思いキャンプ場の本をペラペラめくり、
千葉のページから適当に、
本当に今思っても不思議なぐらい適当に、
あるキャンプ場を選び、
ダメ元で電話をかけてみると・・

なんと予約できてしまった。

予約してから場所を調べてみると、
なんとゴールデンウィークに行ったキャンプ場から

さほど遠くない勝浦のキャンプ場だった。

そこからバタバタと準備を始めた。
、と言ってもほとんどのキャンプ道具は
車に積みっぱなしになっているので、

着替えや水着や洗面用具なんかをバックパックに
詰め込んで、

冷蔵庫にあった使えそうな野菜と
念のために買ってあったお茶や水の2リットルボトルを
保冷バッグに入れて出発した。

DSCF8710_convert_20160719210216.jpg

そんなわけで今回は
千葉県勝浦のしあわせの丘リゾート
2泊3日、オートキャンプをすることになった。

ゴールデンウィークに寄ろうとしたら満車で行けなかった
アクアラインの海ほたるに寄って昼食を済ませ、
キャンプ場の近くのスーパーで食材の買い出しをして、
道が混んでいたこともあってキャンプ場にチェックインできたのは
16時頃になってしまった。

もう夕方だし、
翌日の天気もわからないし、と
タープははなから張らないことにして、
テントだけの設営にとりかかった。

まだまだ不慣れで手間取って地味に時間がかかる
のを覚悟していたけれど、
今回思ったよりも早く出来上がった。
セガレもささやかながらも戦力になるようになってきたし、
積極的に関わろうとしているのが感じられた。
わたしたちも少しは慣れてきたのかもしれなかった。

こちらのキャンプ場は場内に露天風呂があり、
入浴は20:20まで。しかも、
『閉まる間際は大変混み合います』
『入浴をお断りする場合も・・』
というアナウンスがなされたため、

先に入浴を済ませ、
灯りが足りない気味な暗さの中で
挽肉と茄子のカレーを作って食べた。

DSCF8721_convert_20160719210318.jpg

翌朝6時頃に起きてカブトムシを探しに出かけたセガレ。
すでにカブトムシやらクワガタを10匹ほど捕まえて帰ってきた
親子から、発見した場所を教えてもらうも、
この日は見つけることができなかった。

時間が遅すぎたのだろうか?
この日の夜と翌朝に出直すことにした。

DSCF8722_convert_20160719210400.jpg

それにしてもここのキャンプ場周辺の森はとても素敵だった。
季節によっていろんな草花が楽しめそうだし、
バードウォッチングやいろんな生き物探しもできるだろう。

DSCF8717_convert_20160719210247.jpg

しぶいポジション確保してた蛙。
(わかりにく!)

DSCF8730_convert_20160719210435.jpg

朝からウロウロ歩き回って腹ペコになったところで
朝ごはん。我が家のキャンプの定番朝食その1
イングリッシュマフィン。

DSCF8748_convert_20160719210541.jpg

そして車で10分弱のところにある
勝浦朝市へ。

DSCF8745_convert_20160719210506.jpg

お腹いっぱいな状態で来るとこちゃうやーん!
ということに気が付く。

DSCF8749_convert_20160719210610.jpg

でも捕れたてのデカデカとした魚が
有り得ない安さで売られていたり、

そしてそんなところには人が沢山
集まっていたり、

なかなか活気があって面白かった。

DSCF8751_convert_20160719210641.jpg

まぐろの漬け丼¥600-を
食べられなかったのが心残り。
(イングリッシュマフィンでお腹いっぱいなんてなんだか情けないけれど。)

DSCF8752_convert_20160719210810.jpg

ジャケ買い?しそうになった缶詰。

DSCF8772_convert_20160719211049.jpg

そしてキャンプ場に戻ってしばし遊ぶ。

DSCF8769_convert_20160719211007.jpg

こんな感じでちびっこプールや
ちょっとした遊具があった。

(あまり暑くなかったのでプールは入らず。)

DSCF8778_convert_20160719214250.jpg

昼ご飯はバーベキューをして、

DSCF8777_convert_20160719211217.jpg

のんびりしたり
持参した飛行機やボールで遊んだり。

勝浦と言えば海な感じがするけれど、
今回海には行かず、
また森を歩いて夜カブトムシが集まりそうな木を
リサーチするという、
セガレの頭の中はこのときとにかくカブトムシを
見つけたい一心だった。

16時にはキャンプ場がイベントを催してくれて、
それに参加した。

最初は靴飛ばし大会。
未就学児
小学生 1、2年生
3、4年生
5、6年生
中学生以上女子
中学生以上男子

の部があり、
飛ばした靴のところに上位から商品を置いてくれる。

花火やシャボン玉や外で遊べるおもちゃなど
ちょっとしたものだったけれど
大人も子供も本気になって靴を飛ばしていたのが
面白かった。
(我が家は夫婦ともにシャボン玉セットをゲット。
セガレは参加賞の駄菓子のみ。笑)

続いてのゲームは大人のみ参加できる
じゃんけん大会で、
商品は

浴衣
キャンプによさげな保冷バック
花火
虫除け
ノンアルコールビール
牛肉!!!!!!

などなど、なかなかの商品大盤振る舞いだった。

1日目到着時(16時頃)にもちょうどイベントを
やっていたのだけけれど参加できなかったので、
もうすこしはやくチェックインして1日目も
参加できれば良かったな~。

ゲーム大会が終わると
即お風呂に入って早めの夕食をつくって食べ、
花火をして、
カブトムシを探しに行った。

DSCF8817_convert_20160719214342.jpg

ライトを持っていってクヌギやコナラの木を
照らしてみたけれどやっぱり見つけられず、

早めに退散してやはり早朝を狙うことにした。

キャンプの楽しみといえばもうひとつ、
星をみることなのだけれど、

雲が多く、
1日目も2日目も星をみることができなかったのは
残念だったけれど、
霧が出ていて、それはそれで幻想的な夜だった。

DSCF8825_convert_20160719214424.jpg

翌朝は5時からカブトムシ探し。
緑のTシャツを着せてしまい、
森と同化気味だけれど、セガレ、います。笑

ひたすら木を見上げるも、
樹液がついた木にもおらず、
諦めかけていたところ、

なんとセガレ、
地面で歩行中のカブトムシを発見。

え!カブトムシと言えば木にくっついてらっしゃるんでしょ!

というわたしの固定概念を
どんどんぶち破るかのごとく、

その後地面通行中のカブトムシやクワガタを
発見すること数回・・・。


DSCF8829_convert_20160719214509.jpg

とっても嬉しそうだったセガレ。
どうしてもということで4匹をお持ち帰り。

カブトの雄→かぶとん
カブトの雌→チャン姉
クワガタの雌その1→クワントン
クワガタの雌その2→くわばたさん
と命名。(女子率高め。)







直感・・・というほどでもなく
土壇場になって決めたキャンプ場だけれど、

露店風呂も良かったし、
サイトの芝生は綺麗に手入れされていたし、
トイレなどもまったく不快感がなかったし、

我が家的にとても◎なキャンプ場だった。

それから、
この季節のキャンプと言えば、

とにかく日中暑い!という印象だった。
2年前の経験から、
若干過酷だった気すらしていた。

けれど今回は
2日目の夕方に小雨が降ったけれど
すぐに止んだ程度で、
1日目、2日目はほぼ曇りでとても過ごしやすく、
夜は暑くもなく寒くもなくすんなり眠りにつくことができて、

さらに3日目は朝からカラっと晴れてくれて、
朝露で濡れたテントもすっかり乾いた状態で
片付けることができて、

夏のキャンプ=過酷
というイメージは若干払拭できたようにおもう。

それから、最終日はとにかく早くカブトムシたちの
生活環境を整えてあげないとやばい!
(早くホームセンターに行ってカゴや餌を買いたい!)
という思いから、セガレがかなり片付けの手伝いをしてくれたのだった。

DSCF8839_convert_20160719214701.jpg

さて、そんなわけで我が家でカブトムシとクワガタが
飼われることになったわけだ。

DSCF8854_convert_20160722222100.jpg

新しいことに着手するときはとりあえず
本を借りないと不安でしょうがないわたし。

DSCF8858_convert_20160722222203.jpg

セガレ、観察中。





できれば虫を飼うなんて、
やりたくないことの1つだけれど、

もうこれは男の子を育てる母の
宿命だよなぁと思うことにした。

やっぱりわたしの兄も昔カブトムシやクワガタなんかが
大好きだったなぁと思い、

そしてそういえば母がしょっちゅうカゴに
霧吹きをしていた姿を思い出したのだった。
(そういうのはやっぱりオカン任せなんかよ!笑)











にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント